BIGLOBEニュースからの記事です。詳細はリンク先でご確認ください。


 

長野県駒ヶ根市の水道水に灯油が混入していたことが分かり、ネット上で、「飲むとどうなるのか」など驚きと不安の声が出ている。
「確かに朝顔洗ったときに灯油みたいな臭いがするなって思った…」。駒ヶ根市在住の30代女性は2016年9月23日、こうツイートした。

市内ではこの日朝から、水道水が油臭いといった訴えが市役所に相次いだ。市が水質検査をした結果、切石浄水場からの水道水に灯油が少量混入していたことが判明した。全体の7割に当たる約9800世帯に被害があり、市では、復旧に努めるとともに、給水車を出動させて対応した。翌24日も約3000世帯に影響が出て、この日夕になってやっと市が完全復旧を宣言した。